床のワックスがけは繊細な作業です

フローリングやPタイル、長尺シートなどの一般的に使用されている床材は、木材やプラスチック系の素材でできているため、もともとそれほど硬いものではありません。そのため、歩行などにより細かい傷が入りやすく、床自体の強度も損なわれます。また、ひび割れから汚れが入り込み、見た目にも衛生的にも好ましくない状態となります。

一方、床にワックスがけを行うことで、以下のような効果があります。

  1. 1. 床にワックスの膜を張ることにより、傷や汚れがつきにくくなる
  2. 2. 床のデコボコをワックスで埋めることで、光を均一に反射させ光沢が出る
  3. 3. 傷や汚れがつきにくくなり、普段の掃除が楽になる

しかし、ワックスを塗った床も、お手入れをしていないとその効果を保つことができません。日常的によく人が歩く場所は靴跡(ヒールマークなど)もつきやすく、部分的にワックスが剥がれることもしばしば。また、見た目が悪くなるだけでなく、床を保護するという機能も薄れます。床の美しさを保つためには、定期的なメンテナンスが不可欠。施設や店舗など土足の施設の場合、基本的に月1回の洗浄・ワックス塗布、10回のワックス塗布に対して1回の剥離作業が必要です。

このワックスがけの作業、ご自身でしますか? それとも業者へ依頼しますか?

ワックスがけは自分でできると思っていても……

素人では難しい手順があります

ワックスがけの手順には、おおまかに清掃・洗浄・塗り・乾燥があります。きちんとワックスがけをしようとすると、当然ながらどの工程でも気が抜けません。

清掃・洗浄時

清掃・洗浄時にはホコリや汚れを丁寧に取り除きます。この作業を怠ってしまうとワックスの層の間にホコリ・汚れが入り込み、剥離が必要になってしまいますので要注意。また、汚れを落とす際に使う洗剤が残っているとワックスの密着不良(はがれやすい)や黄変(黄色に変色)の原因となりますので、しっかりと水拭きし、床面をよく乾かすことが重要。必要に応じて残留洗剤を中和させるリンス剤を用いることで、よりワックス塗布に最適な状態ができあがります。

塗り・乾燥時

ワックスを塗るときには、ムラが出ないように気をつけないといけません。均一に美しく仕上げるためにも、作業は慎重に行います。乾くまでに歩いたり物を置いたりして跡がついてしまうと、塗り直しが必要になってしまうことも。部分的な塗り直しはできますが、濃淡の差など目に見える違いが出てしまうこともあるため、一度にきれいに塗ることが大切です。その後、しっかり乾燥させて塗り残しやムラがないことを確認し、重ね塗りを行います。

こういった手順を、慣れない方がミスなく行うことは現実的に難しいことと思います。また、ワックスも市販のものではプロ仕様の仕上がりは望めません。

市販ワックスとプロ仕様ワックスは濃度が違います

ワックス選びでまず確認すべきことは、床材とそれに適合するワックスについて。床材の種類によってワックスの種類も異なります。間違ったものを使うと、密着不良を起こしたり、汚れがワックスの層の中に閉じ込められたり、床自体が傷ついたりしてしまうこともあるため、注意が必要です。特に最近のフローリングは非常に密着不良を起こしやすく、Pタイルのなかにも密着不良を起こしやすいものがありますので、それぞれ最適なワックス選びが欠かせません。

また、ホームセンターなどで手に入るワックスとプロ仕様のワックスには違いがあります。もっとも大きな違いが、成分濃度。プロ仕様のワックスは高濃度であり、均一に塗るためには技術や特別な資材を要します。一方、市販のワックスは誰でも手軽に塗れるように濃度が調整されています。この濃度差は保護膜の厚さに関係し、プロ仕様ワックス1回分は市販ワックスの3回分程度に匹敵。その違いはワックスの仕上がり・耐久性に大きく影響します。

剥離清掃が重要です

ワックスは単に重ねて塗ればいいというものではありません。汚れを取り除き、先に塗られていたワックスを完全に落とす「剥離清掃」という工程を定期的に行う必要があります。既存ワックスの剥離が完全でないのにその上から新たにワックスを塗ると、剥離し損ねたワックス層の部分だけテカテカしてムラになり、非常に見た目が悪いばかりか、内側に取り残されたワックス層が劣化し黒ずみが起こります。そして次の工程であるワックス塗布にも大きく影響し、最終的に仕上がりが悪くなってしまうのです。

知識と経験のある業者への依頼がおすすめ!

このようにワックスがけはどの工程をとっても、繊細な作業をともないます。床ワックスに美しい仕上がりをお求めであれば、専門の資材や機械、知識と経験のある業者に依頼されることをおすすめします。

床清掃お任せ隊では、床材に最適なプロ仕様のワックスを選定しています。また、数多くの経験から培った技術で、均一な耐久性能や光沢を維持させるワックスがけを実現。床を利用される方のことを第一に考え、最適なワックスがけを行っています。お客様のご利用状況、管理環境に合ったワックスがけをご提案しますので、床ワックスのことでお困りのことがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

  • 医療用ワックスで消毒剤からのダメージを防ぐ!病院・歯科医院
  • 油汚れ専用の床用洗剤でしっかり剥離!飲食店
  • ゾーンごとにムラが出やすい店舗も均一に美しく!美容室・アパレル
  • 滑りにくい床であることにもっとも気を使います!介護施設

ページの上部に戻る