簡単なメンテナンスで美しさが維持できる~ハイソリッドシステム~

デパートやショッピングモール、コンビニ、大型施設の床がいつもピカピカに輝いているのは、「ドライ管理」というワックスの管理方法をとっているからです。一方、中小規模の店舗・施設で行っている一般的なワックス清掃を「ウェット管理」といいます。

ウェット管理

ウェット管理は、清掃の度に床面全体を洗剤で洗浄し(通常清掃)、ワックスを全面に塗り直すといった管理方法です。また、通常清掃10回に対して1回程度ワックスを剥離することで、床の汚れをリセットできます。ウェット管理にはドライ管理ほどの専門的なメンテナンスは必要ありません。光沢度の点で多少見劣りしますが、清掃周期を短くすれば、美しい美観が維持できます。

ただしウェット管理の場合、定期的な剥離作業を行わないと、いくらきれいに見えても既存ワックス層の汚れや劣化による変色が発生し、仕上がりの美しさに差が出てきます。ワックス管理には絶対に欠かせない剥離清掃ですが、時間もコストも倍かかってしまうといった欠点があります。

ドライ管理

ドライ管理とは、あらかじめワックスの層を5~10回ほど塗り重ね、磨き上げ、固めることで美しい光沢を実現する管理方法です。ワックス層の光沢は豊かで美しく、傷もつきにくいといった利点があります。また、滑り止めの効果もあります。

しかしドライ管理の導入には、初期のワックス被膜形成に時間や手間がかかります。さらに、ドライ管理についてきちんと理解した常駐清掃員によるメンテナンスが欠かせません。清掃指導に要する時間や人件費などのコストが継続的にかかるため、中小規模の店舗・施設では導入が難しいのが現状でしょう。

ドライ管理とウェット管理の美観推移イメージ

グラフ:ドライ管理とウェット管理の美観推移イメージ

ハイソリッドシステムで一挙両得

床清掃お任せ隊でご提案するのが、ドライ管理とウェット管理のメリットを併せ持つ「ハイソリッドシステム」です。ハイソリッドシステムは、ドライ管理の美しさを日常の専門的なメンテナンスなしに実現。また、ウェット管理に必要な定期的な剥離清掃の間隔を長くし、人件費や資材・材料コストを抑えます。

ハイソリッドシステムのメリット

  • ワックス層が硬く美しい
  • ワックス層に汚れが入り込みにくい
  • 耐久性があり、光沢が維持される期間が長い
  • ワックス自体の劣化による変色が少ない
  • 通常メンテナンスがドライ管理より簡単
  • トータルコストを抑えられる

「毎月ワックス清掃に入ってもらっているのに美しさが実感できない」
「床の輝きが持続しない……」

そんなお悩みをお持ちの方におすすめの管理方法です!

ドライ管理・ウェット管理・ハイソリッドシステムの比較
  ドライ管理 ウェット管理 ハイソリッドシステム
美しさ
耐久性
初期費用

高い

安い

高い


業者による
メンテナンス

  • 毎月のワックス塗り足し
  • バフがけ(光沢復元)
  • 表面洗浄

  • 毎月のワックス塗り足し
  • 年1回の剥離清掃・全面塗り直し

  • バフがけ(光沢復元)
  • 必要に応じてワックスの塗り足し
日常清掃

※常駐管理者が必要
  • 徹底したダストコントロール
  • バフ掛けによるワックス層のメンテナンス
  • 水拭き

  • 汚れたら掃く・拭く

  • 汚れたら水拭き
  • ダストコントロール
トータル
コスト

ページの上部に戻る